“ことば遊び”から生まれた「みずから三原則」。同じオンを持ちながら異なるイミをもつ3つの同音異義語「“みず”から」です。藤野武彦医師の“遊び心”が創り出した“脳を元気にする第一歩”となる原則です。

P1130250

1.まず「自ら」始める。

他人に促されるのではなく自ら始めましょう。自分がとても好きなことや心地よいことで、しかも体や心に良いことを探して「自ら」始めてみることが元気の第一歩です。

2.まず「水から」始める。

私たちが生きるためには不可欠なことは食べることですが、
その中で最も必須の食べ物は「水」です。脳はその構成の90%が水であり、水の宇宙とでもいうべき臓器です。安全で美味しい水が食の第1歩です。

3.まず「見ず(にやること)から」始める。

私たちは、文明の発展と共に五感の中の「視覚」(見ること)のみが肥大化し、一方でその弊害が生まれています。その為には視覚以外の聴覚、嗅覚、味覚の活性化が脳の活性化につながっていきます。しばし目をつぶって大きな宇宙を感じてみましょう。