『脳疲労』という言葉は1991年九州大学名誉教授藤野武彦氏により提唱されたもので、その脳疲労解消法はBOOCS(ブックス)法と呼ばれています。BOOCSとはBrain-Oriented Oneself Care System (脳指向セルフケアシステム)を意味します。